新型コロナウイルス感染症の治療は「無料」なのになぜ保険証が必要なのか?

8/03/2022

その他

t f B! P L

「新型コロナウイルス感染症の治療費は無料なのに、なぜ保険証の提示が必要なのですか?」という質問を受けることがある。一般市民だけでなく、医療従事者でもよく分かっていないことがある。嘆かわしいことである。

まず根本的な誤解がある。決して「無料」ではない。費用は発生している。その費用の7割~9割は公的医療保険から支払われている。だから当然、保険証は必要である。残りの1割~3割は「公費」で支払われる。公費とは国や地方自治体が支払うもので、要するに税金である。公的医療保険+公費で10割支払われるので、結果として窓口負担が無いというだけの話なのだ。

ちなみに、公費が適用されるには条件がある。最も重要なのは「新型コロナウイルス感染症」の治療に限るという点である。例えば、もともと高血圧の持病があったとして、高血圧の治療薬を処方されるような場合には公費は適用されない(保険は適用される)。ついでに薬をタダで出してもらおうという発想は通らない。当たり前ではあるが。

くまが でた

くまが でた

アクセス数の多い投稿

このブログを検索

ラベル

QooQ